トクソク.com

特に何も即したことを書かないブログ。 ガジェットとか車とか政治経済とか特価情報とか 思いついたことを思いついたまま適当に書いてます。

ずっとWiMAXとWiMAX2の二台持ちでしたがWiMAX2が来月で2年になり解約が出来ます。
そこでWiMAXで使っていた端末をアップグレードすることにしました。

NEC製WX03


ファーウェイ製W04


最新機種はこの2つです。しかしこの二つほぼ同性能。
カタログスペックですがそれぞれ優れてる部分のみ抜き出してみます。

WX03が優れているところ
クレードルにアンテナ内蔵
連続待受時間が1,100時間(W04は850時間)
給電端子がmicroUSB

W04が優れているところ
ハイスピードエリアプラスが使える
連続通信時間が540分(WX03は440分)
給電端子がUSB Type-C

使用時間とか待受時間とか細かな違いはありますが実際の使用でその違いが影響することは稀だと思います。

給電端子についてはどちらが良いものか。
個人的にはType-Cの端末は持ってないのでmicroUSBですが使用環境によりますね。

WX03のクレードルにアンテナ内蔵はすごく良いと思います。WiMAXは受信感度により速度が劇的に変化しますので感度が重要なんです。

W04のハイスピードエリアプラスは+1,000円掛かりますがauのLTE受信エリアならLTE通信が出来るというモードです。
ただし注意点エリアプラスに設定しているとたとえau回線を使わなくても7GBを越えた場合問答無用で強烈な帯域制限(128kbps?)を食らうので
旅行でWiMAXエリア外に行った時に使いたくなった時のみ使うというような緊急的な使い方になると思います。
ちなみに+1,000円はエリアプラスモードを使った月にだけ徴収されますので田舎で何泊かする時に重宝してます。

私はエリアプラスが出来るW01がありますのでどうしても使う必要がある場合はそちらを使うということでWX03にしました。
基本性能はほぼ同じなので迷ったらデザインなど好みで選んでも良いかもしれませんね。

結論
家で強いWX03
圏外に強いW04

Zenwatch2とSamsung gear S2 classicの
比較やろうと思ってたのにS2売ってしまった…

ちなみにS2付けたらこんな感じでした。
image

デブのおっさんでも問題ないデザイン。
OSがandroid wearなら良かったんだけどな…





Qrio Smart Lockを購入して早一年半が経過しました。
普段から使っていて気づいたことなどを改めてレビューします。



主にZenfone2を使用しています。

解錠速度
上手く通信が出来れば3秒くらい。
掴まない時は10秒くらいでエラーが返ってきます。
2回連続で捕まらないこともたまにあります。
スマホ本体の電池が少ないと掴みが悪い気も。

ちなみに施錠は家に入るときは手動、出るときはオートロックに任せてます。

通信範囲
遮蔽物無しで半径3m程度。
3m以内でも車の中などでは上手く繋がらないことがあります。

電池持ち
1年半で3回換えてますので1個で半年くらいですね。

バグなど
解錠時にモーターが回ってるような状態になることがあります。強引に回せますしオートロックの時間になったら勝手にしまります。
手動で施錠した際していないと認識している時があります。オートロックの時間になったら閉めようとしますが問題は無いです。

ただ勝手に解錠したことは一度も無いのでセキュリティー面は通常の鍵同様と考えて良いと思います。

その他
更新を定期的にやってくれているおかげで徐々に良くなっています。
Android wearのスマートウォッチを持っていればスマホを出さなくても時計だけで解錠出来て便利です。

総評
概ね満足しています。これのおかげで鍵の開け閉めの煩わしさは無くなりました。
少し癖があるし動作も完璧では無いので現時点で万人にオススメ出来るものでは無いですが、
新しいものが好きな人や鍵を鞄から出すのがおっくうな人で、値段以上に価値を見いだせる人なら使ってみて損は無いと思います。
今度これも買ってみます。

解錠速度
★★★☆☆
通信範囲
★☆☆☆☆
電池持ち
★★★★☆
信頼性
★★★★★
オススメ度
★★★☆☆




ASUS党の私はzenwatch3を待ち続けていたの
ですが実際に出たのを見てガッカリ。
個人的に時計のサイズ的には45mmが限界と
思ってます。そこはギリ及第点の45mm。
ただzenwatch2の唯一と言っていい利点である
ベルトの交換が出来るということが無しに。
厳密には小加工で出来そうですが、高いベルト
を買って加工してまで使う気にはなりません。
右についてあるボタンの形状も気になったので
今回は購入を保留していました。

没にしてしまったとはいえ丸形を待ち望んで
いた私は今まで考えて居なかった他社のものに
目が行くようになってしまいました。

とはいえデザインも含めてzenwatch3以上に
気になる端末は数えるほどです。

いくつか調べて購入を検討してみました。

続きを読む

母のアクアに付けたCATZ CLC11ですが、
視認性の高さは素晴らしいです
色温度が高いのでもしかした見難いか?
と思ったのですがすぐに不安は払拭されました

これが実際の照射してる写真
image


こちらはリーフの写真
image


アクアの方がクリアに遠くまで見通せてます。
アクアはプロジェクターランプなので
リーフのリフレクター型と比べると光量では
不利になりますがそれでリーフを上回っている
のは凄いと思います。

見た目はこんな感じ
image

光量多すぎて飛んでますが実際には
ライトからきれいな白い光が出ています。

光軸調整はしてないですが必要ないかな?

耐久性に関しては現時点で判断できないので
保留。また改めて評価します。ただ少なくても
保障は3年あるので今までみたいな一か八か
ではなく安心感があります。

正直二度LEDでダメだった時は専用のHIDを
付けようかとも思いましたがこの光量で
この価格ならもう完全にHIDは必要ないかなと
思っています。まあ耐久性があればですが。

価格
★★★☆☆
視認性
★★★★★
取付のしやすさ
★★★★☆
耐久性
☆☆☆☆☆(一年後に記入します)

注文していたLEDヘッドライト(CATZ CLC11)が手に入り取り付けしました。
image


部品はライト本体とバラストで構成。
image


今まで買っていたノンブランド品は
バラスト無しのバーナーのみだったため
ハイブリッドみたいに高電圧で安定しないもの
には弱かったのかな?

パッケージにこんな一文が書いていました。
image


取り付ける際の気を付けたのは
・光源に触れないこと
・本体とバラストを繋ぐ線の断線

光源に触れないのは当然ですね。油を付ける
のはハロゲンだろうがHIDだろうが寿命を
縮める元ですので厳禁。

線の細さは驚きでした。1sqくらいかな?
断線しないようケーブルにテンションが
掛かることの無いよう注意を払いました。
まあどんなに太くても断線は怖いので
やることに違いは無いんですけどね。

ライト本体をちゃんとはめ込んだら
バラストと繋いで車両側の線と繋いでお終い。

所要時間は約10分
本当はバラストをどこかにボルト止めしたら
完璧なんですが小さいので隙間に埋め込むように置いてます。

写真なくてすいません。持ち主の母が急かす
のでパパっと付けてしまいました。

長くなったので実際の使用感は次に。
結論だけ先に言うと凄くいいですよ。



続きを読む

ASUS TransBook H101HA-GR009T
image
※画像をクリックするとリンク元に飛びます

これ安いです!T100TAのモデルチェンジ品でCPU性能以外変わりなく、メモリ2GB、eMMC32GBと常に使うには我慢が必要なところはありますが
駆動時間と充電がスマホ同様USB給電可能とモバイルツールとしての使い勝手は普通のノートより格段に使いやすい。

性能的にもウェブをみたり簡単なゲーム(艦これとか)をするなら全く問題ありません。
さらにMicrosoft office MOBILEが付いてるのでword excelはこれで済ませられるレベル。
キーボード脱着は…それほど私はしなかったですが。

マイナス部分を差し引いても使いやすさが勝つ端末です。これほんとお得だと思います。

スペック
Windows 10 Home 64ビット
Intel® Atom™ x5-Z3850 プロセッサー
メモリ 2GB
eMMC 32GB
Microsoft Office Mobile
バッテリー駆動時間 約12.9時間
10.1インチ(1,280 x 800)WXGA
本体カラー:メタルグレー

このページのトップヘ