携帯を変えました。is06がとてつもなくいかれまして。全ての無線がたまにブツブツ途切れる。GPSを測位しないってのはまだ我慢できるんですが、充電をしない時があるってのが加わりまして、お暇を出す決意をしました。

そこで代替機を選定したのですが、条件が出来るだけ安く!出来る限り高機能で!というものでした。つまりコストパフォーマンス重視。

そこで他をダントツに抜いて安かったのがHTCの昨年末発売のEVO 3Dでした。
理由はわかってます。この春にauが投げ売りしたから。

HTCjとガラ機能以外さほど変わらない性能なのでiPhoneのためにサムソンを手放すau(個人的予想)の中核を成したいHTCjの妨げとでも考えたんでしょうか。

おかげで大量の機械が新品でオークションなどに売りに出てました。私の買ったのは本体価格6,200円+送料950円。格安。スナドラ1.2Ghzデュアル&1GBメモリで最新機にも全く劣らないのにこの価格。

事前にwikiなどで不具合を調べていたのですが、私の環境では現状不具合ありません。唯一FLASHが正常に作動しないってのがあったんですが、プリインアプリ凍結治りました。

で、問題ないことがわかったら次に欲しくなるのがケース。私は雑なのでis06のときポンポン落としてました。思えばそれが基板にダメージ与えてたんじゃないかと思います。

そこで、落としても多少大丈夫なソフトシェルのケースを探したところ、そんなものより遥かに自分に最適なケースを見つけました。それがBallistic hardcaseです。iPhone4用など各種あり、EVO3Dのものはmil規格適合品。さらに生活防水。

ゾウが踏んでも壊れない(かも知れない)ケースです。昔使ってたGzOne並みにぞんざいに扱っても大丈夫そうです。
アマゾンの評価でも高評価。
ただ、旧モデルと新モデルがあり価格差1,000円。違いがわからなかったので調べるとインナーケースのコネクタ部分にシリコンカバーが付いているか無いか。旧型が無しです。当然新型を選びました。5,250円。本体と大差ない価格。

躊躇無くポチったとは言え、不安はありました。
1つはサイズ。この点に関しては逆に厚みがましたおかげか、シリコンラバーのおかげか持ちやすくなりました。
2つ目にYouTubeでiPhone用のこのケースのインプレがあるのですが、画面の保護パネルがキレイに密着せず気泡が入ってたこと。これも全く問題なし。あのインプレの外人、扱い雑でしたしね。
3つ目は奥さんにバレないか。速攻バレました。さすがに厚みが倍くらいになったらいくらガジェットにうとい奥さんでもわかります。クロエのバックは増えてもわからないけどヴィトンやグッチはわかるようなもんです。

ということで1個だめでしたが、当然機能には問題の無い部分。パネルを付けた視認性はアンチグレアのフィルムを貼った時のような感じになります。すぐ慣れます。

最後に予想外だったのは、このケースを付けてから一週間。一度も落としてません。ポケットに入らないからホルダーにつける、バッグに放り込む、ってのが良いんだと思います。

まだ携帯本体、ケース共に購入して一週間ですが恐らくこれデータの通信速度の方がボトルネックである限りはずっと使えます。予備バッテリーも純正で1個あります。あーどれくらい充電されてるかわからんからチェックしとくんだったなあ。

完徹なので何かいてるかわかりませんが、とにかくオススメですよ。