昨日今日の2日間みっちり使ってみました。

某所から引っ張ってきたスペックシートを元にレビューしてます。
image


外観
ディスプレイサイズ 8.0インチ(4:3)
本体サイズ 209 x 123 x 8.5 mm
重さ 350g

[2015.08.17 19:11修正]
サイズと重さを間違えて掲載していました。
7.9インチ→8.0インチ
346g→350g

レビュー1でも書いた通り女性のクラッチバックを
参考にしてるだけあり上品なデザイン。
image


サイズを手持ちのNexus7(2013)と比べてみました。
image

当然ですが一回り大きいですね。
image


指の長さがうちの奥さんと同サイズの私ですが
なんとか手でガッチリ挟めます。ギリギリてすけどね。
普通の男性なら全く問題ない幅ですね。
image

写真夜行バスで撮ったものなので暗くてすみません。

重さはサイズの小さいNexus7(2013)290gや
フラッグシップのS8.0 298gには負けますが
重くて常用出来ないというレベルでは全くありません。
Nexus7(2012)340gに近いのでそれを参考に。

カバーを開けたところにはmicroSIM、microSDと共に
拡張端子がありました。
image

ここに追加バッテリーや5.1chカバーを接続するんでしょうね。

ボタンは縦持ちで右側面、横持ちで上の中央に
位置する部分に電源、その左隣に音量が付いてます。
カメラの位置を考えての配置とは思うのですが、
縦持ちが主体の私にはあまり良い配置とは言えないですね。
zenfone2の配置といいちょっと考え過ぎかなという気がします。

コネクタはmicroUSBとヘッドフォン端子が縦持ちで上、横持ちで右にあります。
これも個人的に寝て使うときゲームなど横持ちで下になるのが右側なので
どちらかと言えば反対側に端子が付いてた方が良かったですね。
まあ画面回転させたらいいんでしょうけど。

ハードウェア
CPU Qualcomm MSM8916 Snapdragon 410
メモリ 2GB
ストレージ 16GB


まずantutu benchmarkの結果から
image

一世代前くらいの性能でしょうか。可もなく不可もなくです。
でもARMなのではやはり安心感があります。

内蔵ストレージは16GBですが64GBまでの
microSDが付けられるので気にしなくていいです。
外付けストレージの最大のメリットはトラブル時のデータ以降が簡単なこと。
Nexus7が起動しなくなり、吸い出しも出来なくなったことで
改めてバックアップの重要性を認識しました。

メモリ容量はAndroid5.0.xではちょっと心許ない。
zenfone2もですが早く5.1以降にアプデして欲しいものですね。

SIM micro-SIM
対応Band
LTE 800MHz(18/19)/850MHz(26)/900MHz(8)/1,700MHz(9)/1,800MHz(3)/2,600MHz(41)
W-CDMA 800MHz(6)/900MHz(8)/1,700MHz(9)/2,100MHz(1)


見ての通りLTEで1と19が3Gで1,6,9が使えるので
ドコモのMVNO(ぷらら)を使ってる私は全く不安なく使えます。
zenfone2だと田舎では使えなかったんですよね…
[2015.08.17 19:14追記]
田舎でもしっかり使えました!

ちなみにzenfone2は長年使っていたSBのスマホがぶっ壊れた奥さんに貸与。


バッテリー容量 15.2Wh(3950mAh)
駆動時間 10.5時間


まあ問題ない駆動時間ではあります。
そしてさらに6時間駆動の追加バッテリーケースがある。
image

出張などの長く充電出来ないときは心強いですね。

[2015.08.11 01:18追記]
蔑ろにしがちだけど意外に大事なバイブ機能もちゃんと付いてます。

ソフトウェア
付属アプリ
ATOK for ASUS

普通にATOKです。何の制限もなさそう?
image

このfor ASUSのバージョン1.01が無印ATOKの
バージョンいくつかわからないですけどね。普通に考えたら最新か。
ストアで購入すると1500円くらいするはずだからお買い得。

タブレットモードに設定することで快適に使えます。



設定→ASUSカスタマイズ設定でスクリーンショットにチェックを入れると
マルチタスクボタン(下に並ぶ三つのボタンの右側のもの)を
長押しすることでスクリーンショットがとれます。以外と便利。

総評
カメラだけはまだ評価出来るほど使えてないのですが
出来ないことは無い上手にまとまったタブレットだと思います。

S8.0と比べての最大の優位点はSIMスロットがあること。
電話が出来るという機能も通話が+αな人やBluetoothを常用されていれば
全く問題なく使えると思います。

あと気になっているのは私の預かってる端末固有の問題かも
しれませんが、充電中画面のタッチパネル操作がやりにくく
なる時があります。供給電力が少ない時になりやすい気がしますが
再現性に乏しいのでよくわかりません。ご参考まで。

[2015.08.10 21:47追記]
液晶の発色は良いのですが、カラーバランスの問題か白が強すぎます。
また画面カラーモードの設定も出来ないので単にバグだと思います。
バージョンアップで修正されるでしょうが。

[2015.08.29 01:07修正]
確認したところ白が強いのは特定のアプリとの相性のようでchromeなどは
全く問題なかったです。また、カラーモードの設定もなぜかアプリ自体を
凍結していました…そりゃ出来るわけが無い。完全な私のミス。失礼しました。


カメラの性能と筆圧関知が可能なのかは後日確認追記します。


--------------------------
以上…かな。思いついたことをつらつらと書いてみました。
気づいたことがあれば追記します。
次は追加のケースが届いた時に改めてレビューします。

にしても写真撮るカメラ欲しいな。腕が無いことは棚に上げて。