いつのまにやらもう年度末です。
まあうちの会社はすでに新体制に入ってるので年度末という実感はないのですが。

そんなことよりZenfone Zoom。いや、これ凄くいい。

《スペック》
プラットフォーム Android 5.0 (Lollipop)
本体カラー ブラック/ホワイト/プレミアムレザーブラック/プレミアムレザーホワイト
サイズ:158.9 ×78.84 ×5 mm ~ 11.95 mm
重量:185 g
対応CPU:
インテル® Atom™ プロセッサー Z3590 (クアッドコアCPU) 
インテル® Atom™ プロセッサー Z3580 (クアッドコアCPU)
対応メモリ:4GB LPDDR3 RAM
ストレージ機能 :eMMC 32GB/64GB/128GB
表示機能 5.5型, 1,920x1,080(フルHD),IPS
バッテリー機能 3000mAh リチウムポリマーバッテリー
カメラ機能 前面500万画素 背面1300万画素
対応無線規格
2G :EDGE/GSM : 850/900/1800/1900 
3G :W-CDMA 800(6)/800(19)/850(5)/900(8)/1900(2) /2100(1)
TD-SCDMA: 1,900(39)/2,100(34)
4G :FDD-LTE: 2100(1)/1900(2)/1800(3)/850(5)/2600(7)/900(8)/1700(9)/800(18)/800(19)/700(28)
TD-LTE: 2600(38)/1900(39)/2300(40)/2600(41)

《実機レビュー》
ASUS Zentour2016にて私がお借りしたのは本革仕様のプレミアムレザーホワイト。
image
本革なので手触り良好。高級感抜群。使ってるうちにより自分の手に馴染みそうです。
ASUSロゴとインテル入ってるが型押しされてますね。一カ所革がボッチになってました(カメラの左下辺り)。まあ使ってたら馴染むくらいなので問題なし。

正面から。
image
側面にベゼルのようにメッキ加工が施されておりZenfone2と比べても質感はかなり高いです。

上側面。ヘッドホン端子だけ。
image
下側面。microUSB typeCでないのが残念。
image
右側面。さすがシャッターなどカメラの為のボタン配置になってます。
image
左側面。なんもなし。
image

地味に嬉しいストラップホール付き
image
Zenfone2はついてないんですよね…これで鬼太郎根付けが付けられる。

《ベンチマーク》
image
当然必要十分。Zenpad7.0なんかこれの1/3なのにそれでも全く問題ないんですから。

《総評》
Zenfone2と同時に発表されたのに発売は半年以上遅かったZoomですが
そのおかげかZenfone2でウィークポイントだった部分が解消されてる感じです。
バックライトの明るさも十分に明るく電池持ちも改善されてます。

基本的にハードはZenfone2と同等性能だと思いますが、CPU Z3590とストレージ128GBがラインナップされています。メモリも4GBのみですね。
さらにTD-LTEにも対応!‥なんですがドコモのBand42には非対応のもよう。まあ仕方ないですよね。そこまで速さ求めてもどうせ帯域制限になるんですし(酸っぱい葡萄)

UIやアプリなどはZenfone2と特筆すべき差はないと思うので今回は割愛しますが、
正常に進化して質感もiPhoneに劣らないレベルまで上がってます。
最大の特徴であるカメラを考慮しなくても価格以外であえてZenfone2を選ぶ必要は無いのかなと思います。ほんとつくづくいい製品。

無理矢理悪いところも探そうと思ったけど無いよマジで。せいぜいintel入ってるっていうことくらい。

次はこの端末一番の売りのカメラの性能を(素人なりに)テストをしてみたいと思います。