LEDヘッドライト化の記事は何本か書かせて貰っているのですが、
リーフとアクアで大体同じLEDヘッドライトを同時に購入しても毎回アクアの方が早く劣化します。
購入時は問題なかった光量のLEDでも 1年経たずに暗くなる。
半年前そのために取り急ぎホームセンターで安物のハロゲンに切り替えたのですがそれももう駄目になりました。

最後のハロゲンは安物なのでこんなものかも知れませんがなぜリーフより劣化が早いのか不思議です。
思いつくのは
・エンジンの廃熱
・ヘッドライトマウントの精度
などでしょうか。

ただマウントの精度に関してはガッチリ止まってるので廃熱の方でしょうかね。
リーフのボンネット内の熱量は知れてるだろうし、そもそもLEDは熱や衝撃に弱いですからね…
まあ最近さらに光量も上がって安くなっていますからメーカー品買って様子見が理想ですかね。
次はメーカー品の選定をしてみます。