ずっとWiMAXとWiMAX2の二台持ちでしたがWiMAX2が来月で2年になり解約が出来ます。
そこでWiMAXで使っていた端末をアップグレードすることにしました。

NEC製WX03


ファーウェイ製W04


最新機種はこの2つです。しかしこの二つほぼ同性能。
カタログスペックですがそれぞれ優れてる部分のみ抜き出してみます。

WX03が優れているところ
クレードルにアンテナ内蔵
連続待受時間が1,100時間(W04は850時間)
給電端子がmicroUSB

W04が優れているところ
ハイスピードエリアプラスが使える
連続通信時間が540分(WX03は440分)
給電端子がUSB Type-C

使用時間とか待受時間とか細かな違いはありますが実際の使用でその違いが影響することは稀だと思います。

給電端子についてはどちらが良いものか。
個人的にはType-Cの端末は持ってないのでmicroUSBですが使用環境によりますね。

WX03のクレードルにアンテナ内蔵はすごく良いと思います。WiMAXは受信感度により速度が劇的に変化しますので感度が重要なんです。

W04のハイスピードエリアプラスは+1,000円掛かりますがauのLTE受信エリアならLTE通信が出来るというモードです。
ただし注意点エリアプラスに設定しているとたとえau回線を使わなくても7GBを越えた場合問答無用で強烈な帯域制限(128kbps?)を食らうので
旅行でWiMAXエリア外に行った時に使いたくなった時のみ使うというような緊急的な使い方になると思います。
ちなみに+1,000円はエリアプラスモードを使った月にだけ徴収されますので田舎で何泊かする時に重宝してます。

私はエリアプラスが出来るW01がありますのでどうしても使う必要がある場合はそちらを使うということでWX03にしました。
基本性能はほぼ同じなので迷ったらデザインなど好みで選んでも良いかもしれませんね。

結論
家で強いWX03
圏外に強いW04